【デイトレ】日経225先物ミニで毎日千円だけ稼ぐ方法

日経225先物ミニで副業

「投資は副業の選択肢としてありえない」

私自身がその考えの持ち主でした。

過去に現物株式で大失敗した経験からです。

投資のイメージ
  • 投資は一握りの力ある投資家が勝利するようにできている。
  • やはり楽して稼ぐことはありえない。
  • ハラハラな思いするよりも普通に働いたほうがいい。

上記のように考えるようになりました。

今でも基本は変わりません。

ですが、なぜ投資はなくならなくむしろ王道なのか。

今回は副業という視点で「日経225先物」という商品で投資第一弾としてを検証してみました。

結論からいいます。結果、人間は欲に負けて失敗します。

ならば欲を制することで「ちょっとぐらい稼げるんじゃないか?」

ホントに稼げました。

今回はその手法を教えます。

日経225先物ミニで5円抜きをとことん突き詰めてみた

日経225先物ミニで5円抜きをとことん突き詰めてみた【結果あり】

2020.10.24

「日経225先物」という金融商品について

金融商品は現物株式やFXなどメジャーなものから

あまり聞きなれない仮想通貨取引やドバイの石油購入など

超怪しい・胡散臭いものまで含めると星の数ほど存在します。

全て体験するのは無理なので今回一部チョイスしてみました。

割とメジャーな投資
  • 現物株式
  • FX
  • 仮想通貨
  • 日経225先物

この中で最も失敗する人が多い金融商品として「日経225先物」が上位になるようです。

これを聞くとためらいますが、

それなりに魅力がないと何十年もメジャーな金融商品としてなりたたないはずです。

やり方次第では稼ぐことができるかもしれません。

日経225先物ミニ 5円抜き

ちなみに日経225先物を行うのに1枚120万円必要です。

副業の初期投資として高すぎるので、それを10分の1にした

「日経225先物ミニ」という人気商品があり今回はこちらで検証していきます。

日経225先物ミニが気になる方はこの記事もチェック!

日経225ミニ

【副業】投資で毎日1000円!コツコツ稼ぐ日経225先物ミニがおすすめ

2020.07.07

日経225先物ミニを無料で体験する

日経225先物ミニ 5円抜き

何か始めるとき、友人や周りの知人に相談すると思いますが

「日経225先物ミニやってる!」って人はなかなかいません。

それならば専門の本を買って読んだり

ウェブサイト観たりしてだいたいのやり方や意味を知ることができます。

しかし、取引画面を前にしていざ「実戦」となると手がとまっていまします。

そりゃそうです。

大事なお金が掛かってるし、いろんな思いがよぎるからです。

  • 本やWebで勉強した知識はホントに正しいのか?
  • 取引のスピードについていけるのか?
  • あっという間に負けて投資額が水の泡とならないか?

その気持ちわかりますよ。

私もそうでした。

そんなときに実際のデモ環境やシュミレータがあれば、体験するに越したことはありません!

投資のやり方とか文章で読むより、実体験するとやり方をすぐ覚えます。

是非体験されることをオススメします。

デモ・シュミレーターについて気になる方はこの記事もチェック

日経225ミニで副業

副業で稼ぐ❗日経225先物ミニ口座開設その前に無料で体験してみよう✨

2020.07.11

日経225先物ミニを取り扱う証券会社の紹介

まず、初心者にオススメする証券会社選びのポイントです。

  • なるべく少ない資金から始められる。
  • 取引の手数料が安い。
  • 入出金手数料が無料。
  • 使いやすいトレードツールが用意されている。

少額から始めることができる金融商品「日経225先物ミニ」ですが

取引するにあたって証券会社の口座開設をしなければいけません。

国内で日経225先物ミニを取り扱う証券会社
  • SBI証券
  • 楽天証券
  • 岡三証券
  • 松井証券

手数料も用意されているトレードツールに関しても各社対して差はないと思います。

2020年オリコン顧客満足度、国内ネット証券口座開設数ともに

No1SBI証券・先物オプション口座をおすすめします。

実際の取引画面もSBI証券Hyper先物OPアプリを使って説明します。

オススメの証券口座開設はこちらをチェック

日経225先物ミニで副業

日経225先物ミニで稼ぐコツ おすすめの証券会社【体験談】

2020.07.18

日経225先物ミニでデイトレ・戦略

日経225先物ミニでデイトレードすると高い確率で利益を得ることが可能だと考えます。

ただし、いくつかルールもありそれに従います。

あくまで1つの戦略として捉えてください。この手法を使う場合は自己責任でやること!

戦略① 頃合いを見計らって5円抜き、10円抜き

ザラ場を見ているとわかりますが、値動きが

5円あがったり、5円さがったり単調な値動きを繰り返しをする時が多々あります。

そこがねらい目です。

下記の図例だと往復で1,000円の利益が発生します。

5円抜き

買っては売り、逆に売っては買い(カラ売り)を繰り返します。

(「5円抜き」とも言われる日経225先物のトレード手法です)

但し、このやり方はギャンブルに近く
もう少し勝率を上げる方法を以下の記事で紹介しています。
よければこちらもチェックしてください。
日経225先物ミニで5円抜きをとことん突き詰めてみた

日経225先物ミニで5円抜きをとことん突き詰めてみた【結果あり】

2020.10.24

戦略② 寄付や引けで売買しない

寄付や引けは、その日の取引が最高潮に達することが多いです。
(楽曲でいえばサビの部分)

どんな値動きするのかプロのトレーダーでさえも予測は難しいので

素人はそこで取引するのは辞めましょう。

これはあくまで現物株式やっているときからの経験・カンですが

寄付30分後は値動きが、ある程度落ち着くためデイトレしやすいです。

最適な時間
日中立会 9:30-10:00
夜間立会 17:30-18:00
投資に最適な時間

戦略③ ロスカット(損切り)は冷徹に決行

私の場合、20円(2,000円)損が出たら躊躇なくロスカットします。
これは自分に対して絶対的なルールとして決めています。
とにかく場の雰囲気で「まずい」と判断したら買値と同額で即時売ったりもします。

これが一番できなくて負ける人が多いんです。

10円抜きで9勝して9,000円の利益が出ていても

ロスカットができず、たったの1敗でマイナス10,000円損するのはよくあることです。

経験ある方は、今うなずいているいると思います

「きっと上がるはず、もう少し待てば相場が反転する!」

その考えは絶対にやめましょう。

日経225先物ミニの5円抜きで失敗

投資は本来、自分自身を上手くコントロールできれば楽しいものです。

ロスカットは常に隣り合わせですが、こいつと上手に付き合いましょう

上手な方は恐らく、老後まで楽しめると思います。

けれども一時の利益を求めるために大失敗して
挙句の果て投資の世界からも身を引く、退場する人が後を絶ちません。
「一時の小さな益よりも、生涯の益を大事にするほうが賢い」と思いませんか。

ちょっと熱くなってしまいましたが

ロスカットはここで、いや、投資関連記事で最重要です。

一旦おさらいします。

ロスカット(損切り)について
  • 損が出たらロスカットすることを自分に誓う。
  • ロスカットの金額を具体的に決める。
  • 「もう少し待てば…」など感情は絶対入れない。
  • 損しても次があるさと思えば、案外思いきれる。

ロスカットについて逆指値注文が有効です。
逆指値についてはこちらの記事をチェック

日経225先物ミニで副業

日経225先物ミニのやり方を初心者向けに説明【画面で解説】

2020.07.22

戦略④ 1000円ぐらい儲けたらその日はやめる。

デイトレは画面に食いつかなくてはいけません。

かなり時間の無駄になります。(あっという間に時が過ぎます)

30分ぐらい集中してポチポチやって1,000円ぐらい利益が出たらその日は終わり!

投資に勝つには欲を出さないこと。

日経225先物のことも忘れて別のことをやりましょう。

なんでかって?

…やってみたら分かります。

まとめ

投資の初心者は少額から始められてリスクの低い「日経225先物ミニ」がおすすめ!

また、ちゃんとルールに従って

ジブンをコントロールしながら取引をすれば

1日1,000円の利益を出すことは難しくないです。

取引所の営業日が月平均22日とすれば、単純に月2万2千円稼ぐことができます。

これすごくないですか?

日経225先物ミニの取引ポイント
  1. 地道に5円抜き、10円抜きを目指す。
  2. ロスカットは冷酷非道に行う。
  3. 決して欲を出さない。
ヨシテル
投資は自己責任で